イタリアン料理の種類

イタリアン料理の種類エントリー一覧

イタリアン会席料理
少しお酒を飲むにしても会席料理で豪勢に、と思っている人もいるかもしれません。もし鶴岡近辺を訪れる機会があれば「タカミヤ湯の浜テラス 西洋茶寮」を利用してみるといいでしょう。こちらでは、会席料理を用意していますが、イタリアンテイストの料理を用意しています。いつもとは違った会席料理を堪能することができるかもしれません。たとえば、山形牛のサーロインを使ったステーキが格別です。しかもソースがバルサミコソースを使っていますので、イタリアンなテイストも同時に堪能することができるようになっています。また夕食の...
イタリアンと韓国料理
イタリアンも韓国料理も両方楽しみたいという方もいらっしゃるかもしれません。たとえば、ホームパーティなどを開催して、多くの客さんをもてなすときには、いろいろな種類の料理を出したほうがいいに決まっています。その場合には、「ドンナドンナ」という宅配サービスの専門店を利用するといいでしょう。ドンナドンナでは、韓国料理も、イタリアンも両方サービスいているからです。かんていしょくを頼めば、ナムルとキムチ、さらにはスープが自動的についてきます。これらがつくことで、野菜を効率的に摂取することができます。よって、...
大阪のイタリア鉄板焼き
仕事終わりにちょっと鉄板焼きでも食べたいというときには、大阪にある「哲剣」というお店を利用することをお勧めします。こちらは、イタリアン鉄板焼きといって、イタリア料理を提供しています。結構ボリュームがあり、しかもサラダなどの野菜も充実しているので、普段栄養が偏っていると思っている人には、是非とも利用してもらいたいところです。特に最後には、チーズリゾットが出されます。鉄板から直接サーブされますから、熱々ですし、味も絶品です。ディナーでも3000〜4000円程度で十分満足な料理を堪能することができます...
イタリアの北部料理
イタリア料理は三つの地域に分けることができます。北部、中部、南部です。イタリアでも北部は、フランスに隣接しているという立地によってフランス料理によく似ているといわれています。アルプス山麓という土地柄、やはり酪農が盛んでそれによって乳製品が非常に豊富。乳製品をふんだんに利用した料理が特徴となります。特に、良質なバターをたっぷり利用するのが、北部料理。アニョロッティと呼ばれる詰め物をしたパスタ、それに日本でもおなじみのラザニアなどのパスタが有名です。そして、北部といえばミラノ。ミラノの代表的な料理と...
イタリア料理は郷土料理
イタリアに行ってイタリア料理が食べたいですと言っても、日本でいうイタリア料理は出てきません。イタリアの料理は、北部、中部、南部によって分かれていて、その地域によって作られるものが違います。私たちが暮らす日本でも、その地域によって作られる料理が違いますし使われる材料が違います。イタリアでも、土地によって名産が違うし、作られる料理が違うのです。私たちがイタリアンとして日本でいただく料理のほとんどは、イタリアの郷土料理なんです。現在は、イタリア料理でも、創作料理なども出てきて、和風テイストのものやフラ...
イタリアの南部料理
イタリアの南部と言えば、ナポリ!日本人が大好きなパスタにピッツアは、このナポリでぜひ食べていただきたい!オリーブオイルとトマトをたっぷり利用した料理は、日本人の口によく合います。くせがないものが多いし、アンチョビなどは日本でも昔からこうした発酵食品を食べつけてきたということもあり、日本人も違和感なく食べることができます。オリーブやトマトは、南部の料理から北部中部に広がったものなんですよ。また、南部地方の方々の先祖は、南イタリアから海外へ移民した方が多く、生きていくために飲食業を生業にした方が多か...
イタリアの中部料理
イタリアの料理でも、中部の料理はちょうど南部と北部が混ざったようなメニューが多いようです。南部と北部の良いとこどり。首都はローマ。観光客が多いということもあり、かなり様々なイタリアの料理を楽しむことができます。どちらかというと、リストランテつまり、お値段が高い高級レストランが多い地域とも言われています。もちろん、トラッテリアという家族経営が多いレストランやピッツェリアなどの専門店もあります。中部の代表的な料理というと、ローマ地域ならサルティンボッカ。日本でもイタリア料理店に行くと食べることができ...
イタリアン和風居酒屋に行く
もしイタリアンと和風居酒屋の両方を堪能したいという人は「創作和風イタリアン居酒屋 映時庵 弐」というところを利用してみるといいでしょう。こちらでは、和風料理も両方堪能することができるようになっています。しかも創作和風イタリアン居酒屋 映時庵 弐の特徴として、メニューがあります。毎月違ったメニューが提供されるので、結構な常連さんでも、新鮮な料理を堪能することができます。創作和風イタリアン居酒屋 映時庵 弐では、和風居酒屋でディナーももちろん営業していますが、ランチも営業しています。友達と少し昼食を...
イタリアの肉類
イタリアは北イタリアでは、カツレツ、ビーフステーキのような牛肉料理がよく食べられます。そして豚肉の加工品、パンチェッタ、サラミ、プロシュットなどがあります。もちろん羊、鶏もたべますが、牛肉、豚肉などをよく使います。パンに肉やハムを乗せたブルスケッタ、牛肉のカルパッチョ、揚げ物のピカタは鶏、豚、子牛、魚でもつくったりします。子牛の煮込みなども有名です。イタリアでは、こうした肉料理もかなり食べられています。イタリア、イコールシーフードというのは、一部の話で、ふつうはこうした肉を食べることが多いです。...
好き嫌いがある野菜
イタリアや西洋にいくと、かならずちょっとなじみのない野菜を目にしますね。トマトもちょっと酸味があるし、ナスも大きい、そのうえちょっと品種も違うみたい、その上、キュウリかと思っていたらズッキーニでこれもおもったより苦い、スープに入っているのもちょっと、というようなかなり野菜にも好き嫌いがでますね。日本の野菜が好きな方でもちょっと苦手なものがでてきます。アーティーチョークなどは日本の竹の子を思わせる野菜で、外の外皮を剥いで中を食べるのも同じです。でもちょっと癖がありますかね。またちょっと果物に分類さ...
本場のカルボナーラ
イタリアンと言えばパスタ、パスタと言えばイタリアンで様々な種類のパスタやソースがありますね。日本でもポピュラーなメニューとなっていて、嫌いな人はあまりいないのではないでしょうか?オーソドックスなパスタで言えばミートソースやカルボナーラ、ペペロンチーノなどですね。この他にも、変わりダネのアレンジパスタやナポリタンのように日本で生まれたパスタなんかもあります。日本で食べられるパスタの多くは日本人の好みに合わせて改良されているものが多く、カルボナーラはその代表格でしょう。日本でよく食べられているカルボ...
漁師のパスタ、ペスカトーレ
魚介の旨みがたっぷりと詰まったパスタをペスカトーレと言います。ペスカトーレとは漁師風という意味で、北イタリアにあるマッジョーレ湖周辺で暮らしていた漁師たちが、余った魚介類をトマトソースで煮込んでパスタに絡めたのが起源となっているようです。イタリアンレストランなどに行くと、トマトソース以外にも白ワインがベースになっているものなどもあり、魚介類がふんだんに使用されているのがペスカトーレの特徴となるようです。よく似たパスタ料理でボンゴレがありますが、これもビアンコとついていればトマトベース、ロッソとつ...
イタリアンダイニングのお店
イタリアン料理を楽しみながら、お酒も味わいたいという人もいるかもしれません。その場合には「ノスタルジー」というお店を利用するといいでしょう。ノスタルジーは、TBS系列で放映されている「王様のブランチ」でも紹介されている有名なイタリアンのダイニングバーです。このダイニングバーでは、一流のリストランテの料理を堪能することができる半面、カクテルやワイン、焼酎などのいろいろなお酒も楽しむことができます。しかも一流のリストランテのシェフというと、お金が心配という人もいるかもしれません。しかし2人のコースで...
唐辛子がアクセントのアラビアータ
イタリア語で怒りという意味のパスタがアラビアータです。唐辛子の辛味がアクセントとなっているこのパスタは、簡単に言うとアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノにトマトソースを加えたものとなります。辛いので食べると怒っているような顔になると言われこんな名前がつきました。アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノの次にシンプルなパスタではないでしょうか。トマトやニンニクの旨みがギュッと凝縮されたとても深い味わいになります。パスタの種類としてはロングのパスタも良いのですが、筒状の短いペンネを使うと濃厚なソースが絡んで...
素材が生きるアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ
イタリアン料理の中でも、最もポピュラーなものがパスタです。そのパスタの中でも、シンプル イズ ベストという言葉が一番ぴったりなのが、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノではないでしょうか。イタリア語で、アーリオはニンニク、オーリオはオリーブオイル、ペペロンチーノは唐辛子という意味で、これらを合わせてソースにしパスタと絡めたものが、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノなんです。手軽に手に入る素材であり、調理過程もそれほど複雑ではないのですが、イタリアンシェフにとっては自分の腕が試されるパスタメニューな...
バジルとイタリアン
イタリアンにはオリーブオイルが欠かせないものとなっていますが、もう一つ挙げるならばオリーブオイルと同じようにイタリアンに欠かせないのがハーブです。中でもよく使われているのがバジルではないでしょうか。シソ科の植物でイタリアンによく使われているのがバジリコやスイートバジルと呼ばれる品種であり、代表的なバジルを使ったパスタ料理と言えばジェノベーゼですね。生のバジリコと松の実などをペースト状にして作ったソースを絡めたパスタとなります。またトマトソースやチーズとも相性が良い為、パスタの他にもピザやリゾット...
オリーブオイルとイタリア料理
イタリアンに欠かせないものの一つがオリーブです。オリーブを潰してオイルにすることによって様々な料理に使われています。オリーブオイルなくしてイタリア料理を作ることは不可能と言っても過言ではないでしょう。日本でも様々な種類のオリーブオイルがスーパーなどで取り扱われるようになり、特にエクストラバージンオリーブオイルと呼ばれるものは酸度が低く、風味が豊かな為最高級品として認知されています。イタリアンと聞くと、たくさんのオイルが使われていて油っこく感じますが、使われている油のほとんどがオリーブオイルとなる...
イタリアの食材
イタリアンに欠かせない食材。以前は日本であまり手に入ることがなかった食材も、現在は手に入るようになってきて、本格的イタリア料理を楽しむ人も多くなってきています。まず、イタリア料理を作るのに欠かせないのがオリーブオイル。今やどのご家庭にもあるのでは?と思うくらい日本に浸透しています。料理以外にも利用されているというイタリアの万能オイルは、イタリア料理を作るために必要不可欠なものです。特に、エクストラバージンオイルは最高級オイルとして知られていますね。そしてオムレツに入れたり、炒めものに入れたりする...
トマトソース
イタリア料理に欠かせない調味料のひとつ、トマトソース。イタリアでもトマトソースは家庭で作るのが一般的だったそうなんですが、最近は家庭で作るおうちは減ってきているんだとか。家庭で作っていた頃は、料理に使う時に即席で作るのではなく、一年に一度、トマトが収穫できる夏に、家族総出で大量のトマトソースを作っていたんだそうです。そのため、家庭栽培でトマトを作るのも珍しくなかったそうですよ。今では市販のトマトソースも色々と出ているそうです。トマトソースの基本はオリーブオイル、にんにく、バジル、ローリエの葉、お...
イタリアの魚介類
魚介類大好きな人はイタリア料理、とくに南イタリア料理が好きです。イカ、タコ、そして貝、魚など取れる物はすべてトマトソースやマリネサラダ、もしくはバルサミコ酢をかけて食べてしまう豪快さ、また新鮮な食材からできるペスカトーレスパゲッティ、イカスミスパゲッティ、そしてボンゴレビアンコ、本当になんでこんなに私たちのすきなものがあるのでしょうか。また、イカやタコをフライにしたフリットも香ばしくて美味しいです。基本的に魚は白ワインで煮込まれます。トマト、オリーブを加えます、ブイヨンを使わずに水だけで味が出る...
イタリアのスープ料理
イタリアのスープ料理は、もともと硬くなった保存食をやわらかく料理するためだったり、硬くなったパンを食べやすくするためにスープに浸して食べたりする、いわば、食事をしやすくするためのものなんだそうです。かつて、イタリアではかまどが村にひとつだけあり、それを村人で共同で使っていたそうなのですが、かまどを使うのも毎日ではなく、月に一度や高地地方になると半年に一度しかかまどを使わないため、その時に次のかまどを使う日までのパンを焼いておかないといけなかったそうなんです。そのようにして焼いたパンはどれほど固い...
イタリアのチーズ
イタリアは縦に長い地形から、イタリアと言うひとつの国であっても、地方によって食生活はかなり違うため、実はイタリア料理、というものはないんだと言う説もあるんだそうです。多彩な料理が開発されたイタリアでは、チーズの種類も並ではありません。確認されている代表的なチーズだけでも400種類以上もあります。すべての味を味わおうと思ったら、毎日1種類ずつ食べても1年以上、かかってしまいますね。日本でも北の北海道が蓄膿産業が盛んなように、イタリアでも北の地方の方が蓄膿産業が盛んで、チーズを作るのにもとてもいい気...
イタリア料理とオリーブオイル
イタリア料理にふんだんに使われるオリーブオイル。その独特なにおいと味から、苦手と思う人もいるようですが、知れば知るほどオリーブオイルを使ってみたくなります。イタリアではオリーブオイルの種類をきちんと分けていて、地方のレストランによっては、自分の畑で取れたオリーブオイルを、自ら絞って使っているお店もあるんだそうです。その地方その地方で微妙に味の違うオリーブオイルがあり、中には辛みのあるオリーブオイルもあるんだとか。オリーブオイルの効果はさまざまです。まず、酸化しにくく、繰り返し使える油であるという...
手打ちラザニアを堪能しよう
イタリアンを自宅で楽しもうと思ったら、手打ちラザニアを作ってみるのも楽しいかもしれません。そんなに難しくなく出来ますが、パスタマシーンが必要になってきます。実際にイタリアンが好きな人でしたらパスタマシーンを持っていることが多いと思いますので、手打ちラザニアにも活用出来ると更に良いですね。お店で食べるラザニアとは違って手打ちで作ったラザニアは家庭的な雰囲気があり、とても和やかな気持ちで家族と一緒に、友人と一緒に食べることが出来るのではないでしょうか。段階としては、ボールに卵を割り入れて、混ぜてから...
イタリアンの甘いニンジンのワンディッシュ
日本の子供はニンジンが嫌いだったり苦手な場合が結構多いです。イタリア人の子供は基本的ににんじんが好きなことが多いそうです。砂糖やバターを使わないとしてもニンジンのグラッセくらいに甘みがあるようなイタリアンも結構あるのです。それで、尚更イタリアの子供はニンジンが食べやすいと感じて、ニンジンが好きになるのかもしれません。実際に大人になってからもニンジン嫌いなままでいないように子供のうちから好き嫌いを減らしてあげた方が子供のためにはなると思います。ニンジンが美味しいものだと子供に分かってもらうためには...
イタリア式離乳食について
あまり知られていないことかもしれませんが、赤ちゃんに与えても良いチーズというものもあるのです。イタリアでは実際に離乳食としてチーズを与えているということが多いのです。日本の離乳食の場合はチーズはタンパク質としてレシピの中に入っていることが多いです。使われていることが多いのはカッテージチーズです。でもイタリアにおいては、カッテージチーズは離乳食には使われていることがほとんどないのです。多いのは、すりおろしたパルミジャーノやリコッタチーズです。イタリアの子供の成長に必要な栄養素がしっかりと含まれてい...