ドルチェの味わい

ドルチェの味わい

ちょっとした時、小腹が空いた時に、カフェであまいものを食べることができたら、非常に心がほっとします。もちろん、食後のあとのデザートは、それだけで幸せ気分になることができますね。

 

 

 

こうしたデザートのことをイタリアではドルチェといいますが、日本に紹介されているものよりずっと多くの種類があるのです。子供から大人まで、甘い物が大好きなイタリア人の甘い物に対する情熱は凄いです。

 

 

 

どこにいってもお菓子屋さんのかわいらしい店を見つけることができるし、バールでもドルチェを出しています。ビスコッティ、レモンケーキ、パンナコッタ、松の実のチーズケーキ、ジェラート、洋梨のタルトなど、日本でもおなじみのものもあれば、イタリアの焼き菓子として代表的なお菓子もあります。

 

新宿で居酒屋を探すなら

 

タルトなども家庭ではよく作られているようですが、最近で家でこうしたドルチェをつくるマンマは減って、お菓子屋さんで買ってくることが増えているようですね。そしてこのドルチェ、美味しいコーヒーいただけるのは至福のひとときです。

 

 

 

もちろん朝のエスプレッソは目覚まし的なものかもしれませんが、こうしたドルチェともに過ごせる午後のひととき、お茶の時間はイタリア人にとってもリラックスできるひとときなのではないでしょうか。

 

 

 

甘いものを食べて、脳をリラックスさせたら、またもう仕事しようという気分にもなることでしょう。焼き菓子でも、アイスクリームでもお好みのもので、あなたの気分をリフレッシュさせてください。