食べる順序

食べる順序

イタリア料理に行くと、アンティパストやらプリモ・ピアットやコントルノなど聞きなれない言葉を耳にすることだと思います。今ではドルチェなんていう言葉が普通に使われるようになり、ドルチェはデザートなんだ、ということを理解することは出来るようになったかもしれませんが、コントルノなんていう言葉はまだまだ知られていない言葉ですよね。本場ではどういう風にオーダーしているのでしょうか?

 

 

 

フルコースと呼ばれるように、前菜のアンティパストからはじまり、リゾットやパスタといった炭水化物がメインとなる最初の料理であるプリモ・ピアットが出て、お肉やお魚料理の二番目の料理、セコンド・ピアットそしてそのお料理の付け合せがコントルノで、最後はドルチェというものがあります。これを順番に頼むイタリア人も多くいますが、量が多くて食べきれませんよね。

 

 

 

どれかを省いて注文しても問題ないのです。アンティパストを注文してプリモ・ピアットだけでも構いませんし、プリモ・ピアットとコントルノなどと言う風に組み合わせても良いのです。つまり、イタリア料理にはどういう風に食べなくてはいけないという順序がないのです。好きな料理を好きなだけ組み合わせて食べれば良いというのがイタリア料理なのです。

 

 

 

前菜は先に食べなくちゃいけないなんてルールはイタリア料理にはありません。プリモ・ピアットを食べた後に、スパゲティが食べたいって言う場合でも、プリモ・ピアットの後にプリモ・ピアットを注文してもいいのです。好きな分を好きな順序で食べる、なんとも楽しいイタリア料理ですね。