イタリアの魚介類

イタリアの魚介類

魚介類大好きな人はイタリア料理、とくに南イタリア料理が好きです。イカ、タコ、そして貝、魚など取れる物はすべてトマトソースやマリネサラダ、もしくはバルサミコ酢をかけて食べてしまう豪快さ、また新鮮な食材からできるペスカトーレスパゲッティ、イカスミスパゲッティ、そしてボンゴレビアンコ、本当になんでこんなに私たちのすきなものがあるのでしょうか。また、イカやタコをフライにしたフリットも香ばしくて美味しいです。

 

 

 

基本的に魚は白ワインで煮込まれます。トマト、オリーブを加えます、ブイヨンを使わずに水だけで味が出るのが驚きです。これをアクアパッツアといいます。魚のスープですが、栄養一杯、お魚はそのとき取れたもの。

 

桜木町 居酒屋

 

タイやスズキ、タラのような白身の魚が多いです。野菜を沢山いれて、もっと具を沢山にすることもあります。イタリアでは、こうした魚のスープがとくに南イタリアでは定番のようです。パスタだけではなくて、こうした魚料理、魚介類のシンプルな味わい方を、カルパッチョだけではなく、学んでいきたいものです。

 

 

 

トマトの白ワインの魚のごった煮にすぎなくても、かなり美味しそうですね。素材をそのまま活かして、もちろん刺身でも食べられるくらいのものを使ったら、体もあたたまるし、パンやパスタにも合いそうなメニューです。

 

 

 

ワインはできれば白で、前菜も魚づくしだったらそうとう嬉しいです。オリーブオイルと、トマト、ワイン、ハーブだけのシンプルな魚料理ばかりです。

 

情緒和食ダイニング 賓 〜まろうど〜 横浜西口店