イタリアの北部料理

イタリアの北部料理

イタリア料理は三つの地域に分けることができます。北部、中部、南部です。イタリアでも北部は、フランスに隣接しているという立地によってフランス料理によく似ているといわれています。

 

 

 

アルプス山麓という土地柄、やはり酪農が盛んでそれによって乳製品が非常に豊富。乳製品をふんだんに利用した料理が特徴となります。特に、良質なバターをたっぷり利用するのが、北部料理。アニョロッティと呼ばれる詰め物をしたパスタ、それに日本でもおなじみのラザニアなどのパスタが有名です。

 

 

 

そして、北部といえばミラノ。ミラノの代表的な料理というと、子牛のカツレツです。子牛を北部地方の良質なバターによってあげ焼します。イタリア料理はシンプル!フランス料理との差はここにありますかね。

 

 

 

バターによって子牛に十分な風味がありますから、いただくときにはレモンなどをさっと絞ってさっぱりといただきます。お米を使った料理も多いのですって。バターも日本のもののようにしつこくなく、香り豊かなんですって。

 

居酒屋経営者が伝えたい居酒屋の魅力

 

飲食店オーナー様向けのぐるなびの更新代行を行うシステム