本場のカルボナーラ

本場のカルボナーラ

イタリアンと言えばパスタ、パスタと言えばイタリアンで様々な種類のパスタやソースがありますね。日本でもポピュラーなメニューとなっていて、嫌いな人はあまりいないのではないでしょうか?オーソドックスなパスタで言えばミートソースやカルボナーラ、ペペロンチーノなどですね。

 

 

 

この他にも、変わりダネのアレンジパスタやナポリタンのように日本で生まれたパスタなんかもあります。日本で食べられるパスタの多くは日本人の好みに合わせて改良されているものが多く、カルボナーラはその代表格でしょう。

 

 

 

日本でよく食べられているカルボナーラの多くは牛乳や生クリームなどが使われています。ですが本場イタリアのカルボナーラは、パルミジャーのチーズやペコリーノチーズに黒胡椒、卵の組み合わせなんです。イタリア人が日本でカルボナーラを注文すると、逆に生クリームが使われていることに驚きます。

 

名古屋駅 居酒屋 個室 猪口猪口

 

そもそもカルボナーラはシンプルな材料で、手早く作ることが出来たので、元々はイタリアンレストランのまかない料理だったと言われています。これがお客様にも出されるようになり、海を渡って日本にもやってきました。一般的なイタリアンレストランなどでは多くの人の注文を聞いて調理をする為、提供時間などを考慮して生クリームを入れることで卵が固まり過ぎないようにしているんですね。

 

 

 

中には、本場のカルボナーラを再現して提供しているイタリアンレストランもあるので是非一度食べてみてはいかがでしょうか。その味の違いに驚くでしょう。