唐辛子がアクセントのアラビアータ

唐辛子がアクセントのアラビアータ

イタリア語で怒りという意味のパスタがアラビアータです。唐辛子の辛味がアクセントとなっているこのパスタは、簡単に言うとアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノにトマトソースを加えたものとなります。

 

 

 

辛いので食べると怒っているような顔になると言われこんな名前がつきました。アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノの次にシンプルなパスタではないでしょうか。トマトやニンニクの旨みがギュッと凝縮されたとても深い味わいになります。

 

 

 

パスタの種類としてはロングのパスタも良いのですが、筒状の短いペンネを使うと濃厚なソースが絡んで、さらに素材の味を楽しむことが出来ます。また具材としてはベーコンやソーセージはもちろんのことナスとの組み合わせもぴったりで、イタリアンレストランなどに行くとナスのペンネアラビアータなどとしてメニューに上がっていますね。

 

 

 

永遠の都と呼ばれる深い歴史を持つローマの代表的なパスタ料理の一つであり、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノよりもニンニクの風味を抑える為にニンニクの塊を軽く潰して使うのが本場イタリア流なんだとか。癖になる辛さとニンニクやトマトの風味が日本人の味覚にもマッチし、多くのイタリアンレストランでも代表的なメニューの一つとなっているのではないでしょうか。

 

蒲田の貸切バー

 

辛さが苦手な人はペコリーノチーズやパルミジャーノチーズをかけるとマイルドになるので、食べやすくなりますよ。また揃える材料が少ないので、自宅でも手軽に作ることができランチなどに最適ですね。