漁師のパスタ、ペスカトーレ

漁師のパスタ、ペスカトーレ

魚介の旨みがたっぷりと詰まったパスタをペスカトーレと言います。ペスカトーレとは漁師風という意味で、北イタリアにあるマッジョーレ湖周辺で暮らしていた漁師たちが、余った魚介類をトマトソースで煮込んでパスタに絡めたのが起源となっているようです。

 

 

 

イタリアンレストランなどに行くと、トマトソース以外にも白ワインがベースになっているものなどもあり、魚介類がふんだんに使用されているのがペスカトーレの特徴となるようです。よく似たパスタ料理でボンゴレがありますが、これもビアンコとついていればトマトベース、ロッソとついていれば白ワインがベースとなっており、ペスカトーレと同じようにトマトでないといけないというわけではありません。

 

 

 

ペスカトーレとボンゴレの違いとしては、ボンゴレの場合はアサリなどの二枚貝だけを使用し、ペスカトーレの場合にはエビやムール貝、イカなど魚介類であればなんでも構わないようです。

 

 

 

ペスカトーレの場合、自宅で作るには、数種類の材料やその材料の下ごしらえなど手間もかかる為、特別な日の特別なメニューにしてみてはいかがでしょうか?普段であれば手軽にイタリアンレストランなどで食べるのがお薦めですね。

 

私の行きつけは横浜 個室 居酒屋です。

 

トマトベースや白ワインベースなどによっても好みが分かれるので、自分の好みに合わせて美味しいペスカトーレを出してくれるイタリアンレストランを探してみましょう。またペスカトーレやボンゴレと並んで海の上や船乗りという意味を持つマリナーラというパスタ料理がありますが、こちらはトマトベースにアンチョビを加えたものとなります。