食卓でイタリアローマ

食卓でイタリアローマ

ローマを代表する料理というと、有名なのはサルティンボッカです。ローマに行ったことがある人も無い人もローマはこのような街だと心に思い浮かべながら食べてみると更に美味しくいただくことが出来るのではないでしょうか。

 

 

 

この料理の意味は、口の中に飛び込むというものです。これはとても簡単に出来るものです。そしてすぐに食べることが出来るということが特徴となっています。

 

 

 

この料理のルーツというのは、ロンバルディア州やエミリアロマーニャ州と言われているのですが、最終にはローマで出来上がったと言われています。

 

http://yaesu-umaimon.com/

 

この料理においては、様々な言い伝えがあります。ローマのトラットリアのレ・ヴェネテが発祥というふうにも言われているようです。有名なレシピ集にも載っているほど、イタリアンが好きな人や興味がある人なら誰でも知っている郷土料理なのです。

 

 

 

ローマを旅したいと思っている人や、今度ローマに行くというような人もこのサルティンボッカを食べてみると良いかもしれません。実際にローマを旅した人でしたら、食べたことがある人も結構いると思います。

 

 

 

イタリアの有名首都のローマ名物として有名なサルティンボッカを食卓で食べることも出来るのです。

 

色々なお店で食べてみるのも良いですが、家庭料理として家で食べてみるというのもとても楽しいものではないでしょうか。

 

材料も牛もも肉スライスや生ハムスライス、そしてセージの葉や無塩バターや白ワイン、そして塩にレモンだけなので、とても手軽に作れそうですね。おそらく料理があまり得意ではないというような人でも簡単に出来る料理だと思います。