イタリア料理とオリーブオイル

イタリア料理とオリーブオイル

イタリア料理にふんだんに使われるオリーブオイル。その独特なにおいと味から、苦手と思う人もいるようですが、知れば知るほどオリーブオイルを使ってみたくなります。

 

 

 

イタリアではオリーブオイルの種類をきちんと分けていて、地方のレストランによっては、自分の畑で取れたオリーブオイルを、自ら絞って使っているお店もあるんだそうです。その地方その地方で微妙に味の違うオリーブオイルがあり、中には辛みのあるオリーブオイルもあるんだとか。

 

 

 

オリーブオイルの効果はさまざまです。まず、酸化しにくく、繰り返し使える油であるという点でとても経済的だといえます。さらに、純度の高いオリーブオイルはそのまま飲むこともでき、ジュースなどで割って飲むことで、ダイエット効果も期待できるんだそうです。家庭の料理に使う油もオリーブオイルに変えるだけで、悪いコレステロールを抑える効果を得られるそうです。

 

 

 

そんなオリーブオイル。イタリア料理とぴったり合い、イタリア料理のどのレシピを見ても、かならずオリーブオイルとかかれており、オリーブオイルはその独特の風味がイタリア料理の引き立て役として一役かっているようですね。

 

 

 

酸化しにくいオリーブオイルですが、紫外線にだけは弱く、太陽光はもちろん、蛍光灯の明かりだけでも酸化が進んでしまうので、開封後は保管する場所は冷暗所が良いそうです。まあ、キッチンの戸棚の中に入れておいたら大丈夫ですね。冷暗所と言っても、冷蔵庫の中に入れてしまうと、油ですので固まってしまうので使いにくく、急激な温度の変化も劣化の鯨飲になってしまうので、冷蔵庫の中には入れないほうが良いようです。