イタリアの肉類

イタリアの肉類

イタリアは北イタリアでは、カツレツ、ビーフステーキのような牛肉料理がよく食べられます。そして豚肉の加工品、パンチェッタ、サラミ、プロシュットなどがあります。もちろん羊、鶏もたべますが、牛肉、豚肉などをよく使います。

 

 

 

パンに肉やハムを乗せたブルスケッタ、牛肉のカルパッチョ、揚げ物のピカタは鶏、豚、子牛、魚でもつくったりします。子牛の煮込みなども有名です。イタリアでは、こうした肉料理もかなり食べられています。

 

銀座の接待で使えるお店

 

イタリア、イコールシーフードというのは、一部の話で、ふつうはこうした肉を食べることが多いです。生ハムなど前菜によく登場しますし、宗教的禁忌がないので、牛、豚、羊、鶏でも何でも食べます。ただし、ジビエなどの野生動物はあまり食べないかもしれません。フランスに近いところでは食べるかもしれません。

 

茜屋 〜akaneya〜 新宿東口駅前店

 

また動物性のタンパク質としては、チーズをよく食べるし、こうした肉とチーズがよく料理、食卓にのぼることが多くなります。ライスを使ったチーズリゾット、キノコや野菜などとソテーした肉、チーズなど、が典型的な食事になるでしょう。

 

 

 

イタリアのように国土のなかで、気候がかなり違う場合、食べるものも全く違います。北海道と沖縄のようなもので、取れるものが全く違って来るため、その地方なりの料理ができるのはどの国もいっしょだということです。

 

 

 

イタリアの肉料理、生ハム以外の肉料理も日本でもっと知られるようになるといいですね。