イタリアの肉類

イタリアの肉類

イタリアは北イタリアでは、カツレツ、ビーフステーキのような牛肉料理がよく食べられます。そして豚肉の加工品、パンチェッタ、サラミ、プロシュットなどがあります。もちろん羊、鶏もたべますが、牛肉、豚肉などをよく使います。

 

 

 

パンに肉やハムを乗せたブルスケッタ、牛肉のカルパッチョ、揚げ物のピカタは鶏、豚、子牛、魚でもつくったりします。子牛の煮込みなども有名です。イタリアでは、こうした肉料理もかなり食べられています。

 

 

 

イタリア、イコールシーフードというのは、一部の話で、ふつうはこうした肉を食べることが多いです。生ハムなど前菜によく登場しますし、宗教的禁忌がないので、牛、豚、羊、鶏でも何でも食べます。ただし、ジビエなどの野生動物はあまり食べないかもしれません。フランスに近いところでは食べるかもしれません。

 

 

 

また動物性のタンパク質としては、チーズをよく食べるし、こうした肉とチーズがよく料理、食卓にのぼることが多くなります。ライスを使ったチーズリゾット、キノコや野菜などとソテーした肉、チーズなど、が典型的な食事になるでしょう。

 

 

 

イタリアのように国土のなかで、気候がかなり違う場合、食べるものも全く違います。北海道と沖縄のようなもので、取れるものが全く違って来るため、その地方なりの料理ができるのはどの国もいっしょだということです。

 

 

 

イタリアの肉料理、生ハム以外の肉料理も日本でもっと知られるようになるといいですね。

イタリアの肉類関連エントリー

イタリアン会席料理
イタリアン会席料理
イタリアンと韓国料理
イタリアンと韓国料理
大阪のイタリア鉄板焼き
イタリアン料理の楽しみ方について
イタリアの北部料理
イタリアの北部料理
イタリア料理は郷土料理
イタリア料理は郷土料理
イタリアの南部料理
イタリアの南部料理
イタリアの中部料理
イタリアの中部料理
イタリアン和風居酒屋に行く
イタリアン料理の楽しみ方について
好き嫌いがある野菜
好き嫌いがある野菜
本場のカルボナーラ
本場のカルボナーラ
漁師のパスタ、ペスカトーレ
漁師のパスタ、ペスカトーレ
イタリアンダイニングのお店
イタリアン料理の楽しみ方について
唐辛子がアクセントのアラビアータ
唐辛子がアクセントのアラビアータ
素材が生きるアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ
素材が生きるアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ
バジルとイタリアン
バジルとイタリアン
オリーブオイルとイタリア料理
オリーブオイルとイタリア料理
イタリアの食材
イタリアの食材
トマトソース
トマトソース
イタリアの魚介類
イタリアの魚介類
イタリアのスープ料理
イタリアのスープ料理
イタリアのチーズ
イタリアのチーズ
イタリア料理とオリーブオイル
イタリア料理とオリーブオイル
手打ちラザニアを堪能しよう
手打ちラザニアを堪能しよう
イタリアンの甘いニンジンのワンディッシュ
イタリアンの甘いニンジンのワンディッシュ
イタリア式離乳食について
イタリア式離乳食について