パスタ使いでイタリアン

パスタ使いでイタリアン

パスタを使うことで、なんでもイタリア的にはなります。逆に日本の麺をつかってイタリアのソースを絡めて食べることもできますが、なんとなくミスマッチなこともあります。

 

赤坂の個室

 

やはりパスタほどいろんな素材に無理なくマッチしていく食材はそうはないでしょう。日本の食材でもパスタなら問題なくなじみます。パスタの真骨頂は、なによりもあのコシです。なんにも考えないでただ茹でてしまうとあの独自のコシがなくなってしまうのが問題です。

 

天神で楽しくお酒が飲める個室居酒屋

 

パスタを使うときはくれぐれも茹で過ぎに注意して、それぞれのベストな状態で引き上げることです。パスタも太いもの、細いもの、小さいもの、なかに穴があいているもの、なにかの形になっているものなど様々ですので、その特徴にあったソースを用意してあげましょう。

 

天神の居酒屋で楽しく盛り上がろう

 

できればパスタ用の鍋でゆでて、そのパスタの形状にあうソース、薄め、濃厚、などをチョイスします。だいたい太めのコシのあるものは濃厚なソースが合っていて、細いものはその反対です。またスープやグラタンにはそれに合ったパスタの形状があります。

 

 

 

家庭でもスパゲッティ、マカロニくらいはいつも用意してあるとおもいます。そうしたパスタをサラダにしたり、スープにしたり、バラエティはいくらでもあるし、そうしたものでもイタリアンの食材やハーブをちょっとでも使えば、すぐにイタリアンテイストにすることができてしまうのです。

 

 

 

オリーブオイル、唐辛子、ニンニクだけでパスタが出来てしまうのですから、簡単ですよね。