ピザの食べ方

ピザの食べ方

ピザはもう皆さんも知っているように、イタリアからやってきた料理です。イタリア料理は日本だけでなく世界中で親しまれている料理ですが、そのイタリア料理の代表ともいえるのが、ピザではないでしょうか。良くアメリカのハリウッド映画を見ていると、ソファーに座って映画を見ながらピザと炭酸飲料を飲んでいるシーンがありますよね。しかし、イタリア映画ではそういったシーンを見ることはほとんどありません。

 

横浜で個室が人気の居酒屋

 

というのも、ピザと言うメニューの定義が各地で違うからなのです。本場イタリアではピザは一人一枚食べるのが普通です。イタリアではピザはカットされずに出てきます。予めカットされて出てくるのはイタリアにおいてはタブーとされているのです。そのため、自分でフォークとナイフで切って食べるのです。さて、そのピザですが、一人一枚のピザを食べるのが当たり前ですので、食材が沢山のっている真ん中の部分だけ食べて、周りのいわゆる「耳」の部分は残してもタブーではないのです。

 

 

 

しかしイタリア料理を楽しむのであれば、この端っこの部分も食べて欲しいのです。お店によってピザの生地が違います。この端っこの部分は生地の味を感じることが出来る部分ですので、是非残さずに食べて下さい。

 

 

 

日本では一人一枚ピザを食べる習慣はなく、大人数で一枚というのが普通ですよね。ですので、ピザだけでお腹いっぱいになることはありませんので、耳の部分を味わって下さい。今ではクリスピーなものからもっちりとしたものまで種類が豊富です。自分の好みの耳を探してみてはいかがでしょうか。