トマトソース

トマトソース

イタリア料理に欠かせない調味料のひとつ、トマトソース。イタリアでもトマトソースは家庭で作るのが一般的だったそうなんですが、最近は家庭で作るおうちは減ってきているんだとか。

 

 

 

家庭で作っていた頃は、料理に使う時に即席で作るのではなく、一年に一度、トマトが収穫できる夏に、家族総出で大量のトマトソースを作っていたんだそうです。そのため、家庭栽培でトマトを作るのも珍しくなかったそうですよ。今では市販のトマトソースも色々と出ているそうです。

 

お店ってどこがいいか迷いますよね。船橋 居酒屋は何を食べても美味しいのでうれしいです。

 

トマトソースの基本はオリーブオイル、にんにく、バジル、ローリエの葉、お塩といったところ。日本で出回っているトマトソースのレシピには、たまねぎやにんじん、セロリなどを入れていますが、イタリアではそんな複雑な味は作らないんだそうです。

 

 

 

作るときは一年間食べられるくらいの量を一度に作って、瓶詰めにし、少しずつ料理に使っていきます。そんな大量に作ってしまったらトマトソースが腐るんじゃないの?と思ってしまいますが、瓶詰めした後に、ビンごと大きななべで煮て、ビンの中を真空状態にするので、冷蔵庫や冷凍庫で保管しなくても大丈夫なんだそうです。ビンごと煮てしまうなんて、ちょっと怖くないですか?煮る時はきちんとやり方を調べて、十分気をつけて作りましょう。ビンごと煮るのは抵抗があるという場合は、少しだけ作って、冷蔵庫で保管したら良いようです。その場合は、ときどきかき混ぜると良いそうですよ。

 

 

 

おいしいトマトソースがイタリア料理のおいしさの決め手になりますから、イタリア料理が好きな人は、トマトソースから作ってみてみてはいかがでしょうか?