好き嫌いがある野菜

好き嫌いがある野菜

イタリアや西洋にいくと、かならずちょっとなじみのない野菜を目にしますね。トマトもちょっと酸味があるし、ナスも大きい、そのうえちょっと品種も違うみたい、その上、キュウリかと思っていたらズッキーニでこれもおもったより苦い、スープに入っているのもちょっと、というようなかなり野菜にも好き嫌いがでますね。

 

 

 

日本の野菜が好きな方でもちょっと苦手なものがでてきます。アーティーチョークなどは日本の竹の子を思わせる野菜で、外の外皮を剥いで中を食べるのも同じです。でもちょっと癖がありますかね。またちょっと果物に分類されてしまうかもしれませんが、地中海地方ではイチジクとかをよく食べるんです。

 

個室居酒屋 獅子舞 〜shishimai〜 浜松店

 

オリーブと同じくらい、よくお料理のソースとして登場しますが、ジャムなんかにもします。生ハムとイチジク、というような組み合わせもあります。日本でもあまり果肉で売っていることはすくなくなりましたが、ちょっと癖がありながら、やみつきになる感じです。

 

 

 

日本人からすると、え!というような組み合わせがイタリアンでは結構あるし、その驚きと、意外に正反対の食材があうことを発見します。西洋では肉に果実のジャムなどを付け合わせにしますけれど、慣れて来ると、ジャムがないと物足りない感じです。

 

 

 

アーティーチョークもとっても美味しいです。食わず嫌いをやめて、イタリアの野菜、果物にどんどんチャレンジしてくださいね。苦いズッキーニも慣れるとそこが美味しいことに気付きます。

 

きたいち酒場梅田店http://kitaichi-sakaba-umeda.com/